田上皮ふ科クリニック|皮膚トラブル・アレルギー|熊本県上益城郡御船町

熊本県上益城郡御船町にて、皮膚科・形成外科・アレルギー科の診療を行っています。

ホーム ≫ 尋常性ざ瘡(にきび) ≫

尋常性ざ瘡(にきび)

にきびの発生

人の皮膚には毛が生えていますが、毛の周囲には皮脂腺と言われる皮膚の油脂を排出する分泌腺が存在します。この皮脂腺が皮膚の表面に油脂を供給することで皮膚をしっとりした状態に保ちます。この皮脂腺の働きは、環境・喫煙・精神的なストレス・不規則な生活・食生活に影響されますが、最も影響を与えるのは、ホルモンです。

思春期(第二次成長期)になり、性ホルモンの分泌量が増加すると過剰の油脂(皮脂)が産生され、毛穴を塞いでしまうことがあります。すると毛穴で細菌が増殖して化膿した状態なります。このような理由で、にきびは思春期に生じやすい病気です。

にきびの種類

赤にきび 毛穴が化膿したにきび
白にきび 毛穴が塞がっただけのにきび
黒にきび 皮脂が酸化されて毛穴が詰まったにきび

当院における治療

内服療法
  1. 抗生剤内服(赤にきびに対して、ミノマイシンやロキシスロマイシンなど、短期間内服)
  2. ビタミンB2・B6内服(皮脂腺の働きを調節する)
  3. 漢方薬内服
     男性:荊芥連翹湯が主
     女性:生理などと関連して、十味敗毒湯・桂枝茯苓丸ヨクイニン・排膿散及湯
        にきびの跡(ざ瘡様瘢痕)には、柴苓湯
外用療法
  1. 赤にきび:ダラシンゲル・ベピオゲル・デュアック配合ゲル
  2. 白にきび:ベピオゲル・ディフェリンゲル
  3. 黒にきび:ディフェリンゲル

お問い合わせはこちら

所在地 〒861-3206 熊本県上益城郡御船町辺田見34-1
電話番号 096-281-1112
受付時間 月・火・木・金曜日 8:45~12:15  14:00~18:00
水・土曜日 8:45~12:45
休診日 水曜午後・土曜午後・日曜・祝日

モバイルサイト

田上皮ふ科クリニックスマホサイトQRコード

スマートフォンからのアクセスはこちら